NEWS

2016年を振り返る

今年も残すところあと1日となりました。
なので今年の出来事などを少し振り返ってみようということで投稿しました。

 

就活

まずはなんと言っても今年一番のビッグイベント、就活!始まる前はどうなるんだろうと漠然とした不安だけしかなかったのですが、無事に来春からの進路を確定させることができました。

今振り返ってみると受けたい業者を絞って行動したのがよかったのかなと思います。

自分の場合

  • ネットワーク・サーバーエンジニア
  • 大企業向けのSI案件がある
  • 要件定義から携わることができる
  • プロジェクトの一次請け企業

と具体的に絞っていました。

その成果もあり今後はネットワークインフラ周りの業務に携わることができそうです。

 

キャンパスライフ

現在学部4年目なので(卒業できれば)今年で最後の学生生活ということになります。入学当初は四年にもなったら単位も取りきって今年は卒業研究に打ち込むだけだと考えていたのですが…

やはり気を抜くとダメなんだな

研究の方はグループのメンバーが非常に優秀なのでそのご恩を授かり順調でした。ただ途中いろいろ無理を言ってしまったのは正直申し訳なかったかな。具体的な方針もなく「いい感じで」とお願いしたり、口先では「やります」と言ってやってこなかったりと。あぁ、俗に言う「ブラック企業」ってやつはこんな感じなのかなぁと

しかしお陰様で9月には目標であった東北大学のソフトウェア学会に参加することが出来たし、個人的にもいい経験が出来たなと考えています。

 

仕事

以前からやっていた接客販売の仕事は少し抑えて、10月からとあるベンチャーの映像制作会社でエンジニアとして稼働させていただいております。今までは映像広告を主力商品としていましたが来年度から本格的に新事業を展開していくということで、システム周りの開発で貢献することができそうです。

 

人間関係

最後に来年掲げる1番の目標がこれです。
自分が思うに今年一年間はかなり「出会い」に恵まれた年でした。研究室も後輩が増え、新しい仕事での繋がり、経験豊富なエンジニアの方とも接する機会ができました。

色々な方と接する中で感じるのが、人それぞれ本当にいろんな考え方があるんだなということです。
良い意味でも悪い意味でも捉えることができるのですが、まずは考えの違う意見を真っ向から否定するようなことはしてはいけないということ。今更ですがそう感じるようになったのは自分の意見だけを突き通そうとして周りに嫌がられる人を多く見てきたからだと思います。「他人のフリ見て云々…」って言葉が、まさにその通りだなと感じられた瞬間でした。

また来年からは自分の考えは芯を持って貫こうと思います。
今まで自分はいじられキャラ?だったせいか他人から色々と言われることが多かったのですが、最近大した関係値のない人間からも強く言われることに違和感を覚えるようになりました。それはよく考えたら実は自分が他人の顔色ばかり伺って何事も「はいはい」と返事をしてしまっていたのがいけなかったのかなと思います。もちろん自分の間違いは素直に認めるということも大事ですが自分が正しいと思ったことは素直に口に出すようにするよう心がけたいと考えております。

 

長々と自分語りをさせてもらいましたが以上が今年の反省点と来年の抱負になります。
来年もぜひよろしくお願いいたします。