NEWS

Google Apps Script のキホンとその魅力

 

どうも、こんにちは!!
今日はインターン先の企業で発見し、その現在進行形でマイブームを巻き起こしている魅惑の言語  Google Apps Script (略称GAS) について紹介したいと思います。

そもそもGoogle Apps Scriptとは

名前からも分る通りGoogleのサービスをJavaScriptによって操作するためのスクリプトです。

Googleの提供しているサービスといえば

  • Gmail
  • Googleスプレッドシート
  • Googleドキュメント
  • Googleコンタクト
  • Googleマップ
  • Googleカレンダー
  • Google翻訳

などが挙げられますが、これらすべてを専用のプログラミング言語で操作できるというわけです。

例えば、スプレッドシートにプログラミングを組み込むことによってExcelマクロ的な使い方をしたり、Googleカレンダーのイベントの取得、スプレッドシートに入力した名前一覧をGmailの連絡先に追加したりとGoogleサービスと組み合わせた動作を自分でプログラミングできるのです。

また複雑な手続きを踏まずともサービスにアクセスするための豊富なライブラリが用意されているため、行数も少なくかなりスマートに書くことが可能になっています。

例えばGoogleカレンダーの特定のイベントを取得してスプレッドシートに書き込む処理もわずか20~30行ほどで書けます。

僕自身もGoogle Apps Script を利用することによって、繰り返しの面倒な仕事をたった数行の処理で大幅に効率化することができた場面が少なくありません。

Google Apps Scriptのメリット

次にGoogle Apps Script を利用するメリットについて述べていきたいと思います。

・無料!!

まずはなんといってもこれに尽きると思います。

プログラミングを行うにしても開発環境を整えなければなりませんがGoogle Apps Scriptの開発はGoogleが既にScriptEditorというツールを用意してくれているのでネットワークとGoogleアカウントがあればどんな環境でも開発を進めることができるのです。

またスクリプトは基本Googleドライブ上で実行します。つまりサーバーを持っていなくてもGoogleのサーバー上で実行することができるのです。

例えば特定の時間に定期実行するスクリプトやスプレッドシートが更新されたのをトリガーに動作するスクリプトなど、サーバーを持っていなくてもこれらが実現できるところも魅力です。

・外部との連携

僕も調べてみて驚いたのですがなんとGoogle上にTwitter botを作成することができるのです。

例えばスプレッドシートにあらかじめつぶやく内容を書き出しておいて定期的に内容をTwitterに自動投稿するなどといった使い方が可能

さらには上記で述べた時間を決めて定期実行できることを応用し、Google Apps Scriptをトリガーに定期的に立ち上げたい外部アプリケーションを立ち上げることが可能です。

アイデア次第でいくらでも応用ができる、さすがGoogleですね。

・JavaScriptを学べる

これはベースとなっている言語がJavaScriptであるため、Google Apps Scriptを学ぶことはJavaScriptを学ぶことにも繋がります。

よってプログラミング初心者の方にも是非お勧めしたいです。環境を整える手間もなく手っ取り早く始められ、今最もニーズの高い言語の習得まででき、無限に応用が可能な言語。覚えておいて絶対損はしないと断言できます。

最後に

いろいろと述べてきましたがじゃあ具体的にどうやって始めたらいいの?っていう疑問

ネットで検索すると案外日本語の情報もたくさん出てきました。最初のうちはそんなにつまづくこともないかと思います。

ただ書いているうちに「こういうことやりたい」「あれもできないかな」ってなったときはやはり公式のリファレンスに頼るべきです。
https://developers.google.com/apps-script/
英語の文献しかないのが欠点ではありますが、関数名自体がかなりわかりやすいものになっているのとあらかじめサンプルコードが載っているので英語を読まずとも手を動かして確認することができます。そういった意味でも勉強する価値があるのかなぁと感じています。

筆者も当ブログでは引き続きGoogle Apps Scriptの情報を発信していければと考えています。

興味がある方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。